IPA、オープンソースライセンスGPL v3の解説書を無償公開

そうした背景を含めて条文を理解するための文献として同解説書を作成したと紹介している。

IPAでは、GPL v3について、「策定過程の一部が公開議論で進められたこともあり、より多くの複雑な議論が凝縮された物となりました。

企業の技術担当者と法務部門担当者を主なターゲットに据え、単なる和訳ではなく、あくまでも解説書として作成されており、各条文の英語原文とその和訳を記述したうえで、条項の趣旨、策定過程の議論、GPLv2との相違点などを説明するという構成になっている。

育児でてんてこまい・教育では反省
恋の終わりは株式投資のはじまり
(18禁)メル☆パラにアクセスしたメンバーが表示されます♪リアルタイムにメールが出来ちゃうヨ♪普段、恋愛・性欲・オナニーで女性は痩せる?掲示板投稿しないメンバーもいるので出会いの幅が広がるよ♪

GPL v3の公開までに行われた議論で、論点となったテーマのひとつ。今回の逐条解説書編纂にあたっては、「業務の現場で実務に役立つよう、読みやすく平易な内容を心がけた という。v3は何年にもわたる世界中での議論を経て制定された。

こうした反省を踏まえて、GPL v3では企業で利用する場合に重要になる特許との関連や、DRMを利用した機器などでGPL v3ソフトウェアを利用する場合などについても規定された」とGPL v3が規定されるまでの背景を解説。また、公開ページのアンケートを通じて意見や質問を募集し、引き続き改善していく計画だ。

前バージョンであるGPL v2との違いも含め、各条文・パラグラフを具体的に解説しているという。2007年6月には、記述があいまいだった部分を明確化し、デジタル著作権管理(DRM)機能にも言及した最新版としてGPL v3が公開された。

このため,GPLソフトウエアのビジネス活用という視点から条文を検討した。

毎月返金対応!競馬情報配信
ミラクルポップアップマシーン
リセールライト(再販権)付き・検索エンジン一括登録「登録くん」
エッチな資格や技能を身につけて不況に打ち闊
美容やエステで気になること
無料で出会い、無料でセックスする裏技

One Response to “IPA、オープンソースライセンスGPL v3の解説書を無償公開”