堀江被告が上告趣意書 ライブドア事件、改めて無罪主張

記者会見した堀江元社長は「粉飾決算をしようと思ったことは全くない。一、二審を担当した弁護団が全員辞任し、堀江元社長は新たに8人の弁護人に依頼した。ライブドアの連結決算を粉飾したなどとして証券取引法(現・金融商品取引法)違反の罪に問われ、一、二審で懲役2年6カ月の実刑判決を受けた同社元社長の堀江貴文被告(36)が23日、最高裁に上告趣意書を提出した。

「ようやく、自分で堂々と事件について話すほど理解できるようになった」という。上告趣意書で元社長側は粉飾決算の認識がなかったことなどの点を挙げ、改めて無罪を主張。「旧長銀事件の構図と同じように、事件当時は明確な会計基準はなかった。

(18禁)みんなのメルパラでの恋愛体験談など参考になる事がたくさん!!投稿したり、投稿した人のを見たりできるヨ☆
医療のホントとウソ
内緒でドクモしています

さらに最高裁が2008年7月、旧経営陣を逆転無罪とした旧日本長期信用銀行の粉飾決算事件を引用。

二審判決の破棄を求めており、改めて無罪を主張した。ライブドア事件で証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、偽計・風説の流布)の罪に問われ、一、二審で懲役2年6月の実刑判決を受けた元社長、堀江貴文被告(36)側は23日、上告趣意書を最高裁に提出した。

また、今年1月に上告を取り下げて収監された宮内亮治受刑者については「それも彼の生き方だと思うが、私は最後までやる」などと話した。堀江被告は証券取引法違反の罪で起訴され、一・二審で懲役2年6か月の実刑判決を受けて最高裁に上告していた。

儲かるアーティクルマーケティングの秘密!「Article Marketing」
英語圏において隠し続けられた50のマーケティング戦略!<第8巻>「Underground Marketing Strategies-Vol.#8」
週刊発行で1年分の優れた内容のメルマガ原稿を事前に手に入れる→手間が省けると同時にあなたは購読者の信頼を得る→購読者が増える→あなたの売上は増加するでしょう。Meru Maga In A Box
エッチな資格や技能を身につけて不況に打ち闊
こっそりで楽しむ官能小説
アダルトグッズでダイエット!?

One Response to “堀江被告が上告趣意書 ライブドア事件、改めて無罪主張”