空き店舗使い活性化

十数年前から空き店舗となっていたJR …。福島県南相馬市原町区の中心商店街にある空き店舗を活用し、チャレンジショップや農産物直売所を集めた「まちなかひろば」が、22日オープンした。

空洞化が進む中心街の活性化事業として、市が約3000万円の予算で取り組んだ。十数年前から空き店舗となっていたJR原ノ町駅西側のパチンコ店(約420平方メートル)を改装し、将来市内に店を開く意欲のある起業家を募った。同市が空き店舗を活用した事業開始者に低利融資を実施するのは初めて。

無料で出会い、無料でセックスする裏技
(18禁)日本最大どデカ恋愛コミュニティー♪『 ミントC!Jメール』
アダルトグッズでダイエット!?

市はそのうち20件をホームページ上に掲載したが、「情報提供だけでなく、起業を後押しする具体的な対策が必須」(産業経済部まちなか活性化係)としている。昨年5月の地元商店組合調査で判明した空き店舗数は、表通りだけで約60件あった。

桐生市は4月から、市内中心市街地の空き店舗を活用して事業を始める創業・起業者に対して、低利な資金融資制度を始めた。高知県で最初の中心市街地活性化基本計画が昨年7月に認定となり、本年度は計画2年目となる飛躍の年です。

併せて、新しい1次産業の振興、新しい製造業の誘致、観光の振興、中心市街地の活性化を図り、四万十市での仕事と職場、収入を増やします。

そのために一条神社かいわいに門前町(ひろめ市場のような)空間を空き店舗活用などでつくり、観光客を呼び込みます。

爆走アクセス_マニュアル【Fireworks】あなたのホームページが100%クリックされる保証型システム
車の走りが新車以上に良くなる
Google Adsenseの基礎基本-初心者でも月5万稼げる!
幸せな出会いを福岡で
育児でてんてこまい・教育では反省
女性を思いのままにする男たちとは?

Comments are closed.